読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドで売れる方法

バンド

本当に実力が有れば バンドで売れる方法は有ります。

自分は実力があるのに何故売れない?と思っている人は

正しい売れる為の方法を知らないからです。

売れるバンドの中には必ず一人は

プロモーション気質、ビジネス気質的な人が居ます。

売れているバンドを思い浮かべると思い当たる人物が居ませんか?

いつも何か考えていそうな人、1人だけセンスのいい人、等、

サクセスストリーを話すと大体1人の人物が中心となってきます。

売れる為には実力と同じ位ビジネス的な発想と

売れる方法を知る事が必要なのです。

「下手なくせに売れている」「なんでこんな奴等が」

とか思っているバンドは売れる為の方法を知っていたから売れたのです。

技術を磨くバンドより売れる為の方法を本気で学ぶバンドの方が

圧倒的に少ないので

そこに気付けた人はライバルの少ない土俵で勝負ができるのです。

実際インディーズでは今も

売れる方法を知っているバンドからするとライバルは皆無に等しい

と思います。

どんなに実力が有っても誰も知らなければ土俵にさえ上がれて居ません。

なので、「なんでこんな奴が」と思うような人に先を越されるのです。

売れる為にはまず土俵に上がる為の方法を知る事が必要です。

殆んどのインディーズバンドは土俵にすら上がれて居ませんから

チャンスは大いに有ります。

多くのバンドが試行錯誤して活動しているにもかかわらず

売れる為の土俵にすら上がれていないのは

皆が同じような間違った方法を参考にしてしまっているからです。

手っ取り早いのはブランド力を買う事ですが、

そんな発想を持ったバンドは少ないです。

何故少ないのか?

そういう方法をタダで教える人なんて当然居ないのですが

多くのバンドがタダで手に入る知識で同じ様な活動をしています。

楽器を買ったり習ったりそういう部分には大金を惜しみなく使いますが、

一番大切な売れる方法を知る為の投資をするバンドがいません。

その結果無駄な時間、無駄なお金を浪費する事になるのです。

まともな知識を知れば勝負の土俵がガラ空きである事に気付けます。

もちろん土俵に上がった所で実力が無ければ売れませんが、

下記は私がこれまでに読んだ書籍の中で

売れる為の土俵に上がれる方法が記載されている物をピックアップし

5つ★評価でレビューしています。

駄目な書籍は見にくくなるので載せていません。

手っ取り早いのはブランド力を買う事と言いましたが

総合的に見てそういう結論と私がまとめた表現ですので

「ブランド力の買い方」といった内容で書かれている書籍は

ありません。

ですが、書籍を読めば「ブランド力の買う」という意味が

分ると思います。

中古で安く手に入る物もありますので是非参考にしてみてください。

-バンドで成功する為に役に立つ書籍-