ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略 ~ “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス

ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略 ~ “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス  ★★★★

 

勘の良い人ならかなり使える書籍、内容的には★5つ

プロモーションの仕組みや手段を知ると知らないでは雲泥の差がある。

特にパブリシティについて詳しく知れるので

この部分はかなりの戦力にできると思う。

この仕組みを知らないバンドは

土俵にすら上がれていないとも言える。

そこそこ人気が出ているのに伸びないバンドは

実力ではなく無知が壁となっている

次のステージへ進む為には知識が必要であり、

偶然売れたようなバンドも知ってか知らずか

同じ事を実践している筈です。

でなければ無所属インディーズで全国的に売れるなんて事は

ありえません。

成功秘話もブランド力を築く為の大切なパーツです。

自分達のイメージアップに絡めた内容にして当然ですから

マイナス面やビジネス的な部分は省かれていると

考えた方がいいでしょう。

全て真に受けて真似しても足りない部分が必ずあります。

なので、この部分だけの書籍としてもかなりの価値があると思います。

-★の理由としては一般書籍という事もあり、

ページ数にボリュームがある所が逆にマイナス

ボリューム的なお得感より、

時短で理解できるようにポイントを抜き出して胆略化してくれた方が

時間の無いバンドマンには良いと思う。

一般書籍の弱点はペラペラでは売れないので

無駄にボリュームがある点かと・・・

オイシイポイントに辿りつく前に興味の無い内容が続くと

飽きてしまう・・・

胆略化しすぎると立ち読みで終わってしまうリスクも有る為

難しい所ではある。

何故かアマゾンではイマイチな評価があるけど、

余程高度な知識を持った人 / 実践しないで文句たれるノウハウコレクター

応用すれば・・という発想が無い人 /等の評価かと思ってしまう。

さらには競合書籍を出しているライバルの妨害ではないか

と勘ぐりたくもなる。

内容と価格からして文句が出る書籍ではないと思う。